ノンアイロン弱酸性縮毛矯正Q&A

縮毛矯正ノンアイロン弱酸性縮毛矯正

 
質問にお答えします。

・ノンアイロンとアイロンの違い
  アイロン使う使わないの違いドライヤーの熱は
ドライヤーは100℃~110℃でアイロンに比べ
負担も少なく時間短縮でおわります
  アイロン矯正と違いピンピンにならず
  柔らか

・持続
  かけたところは半永久かかっています
  傷ませた カットしてしまったなど付加がかかりますと
  持ちがわるくなることも

・ダメージでもかけられますか
  ダメージ ブリーチ された髪も傷ませないでかけられますが、
  健康毛に比べると仕上がりが劣りますが、かければかけるほど
  きれいになります

・長さはいりますか
  全体10センチは合った方がきれいにかかります
  短くてもかけれますが、あまりおすすめしません
  
・性別
  メンズはお断りしています

・シャンプー髪まとめたりは
  シャンプーは次の日してもいいです
  髪まとめたりきつくまとめない方がよいです

・カラーリングも一緒にできますか
  ダメージにもよりますが、ハイトーンブリーチは
  時間おいた方がよいです

・アイロン使ってもよいですか
  ブローで十分きれいになります
  巻いたりの場合 温度は150℃くらいでかけた方がよいです

・縮毛矯正の頻度
  くせの強弱にもよりますが、2か月~リタッチでかけられます
  全体かけた方がよいと思えば全体かけます

PAGE TOP